内科、消化器内科、内視鏡 、在宅訪問診療

  • HOME
  • 内科、消化器内科、内視鏡 、在宅訪問診療

 

内科

風邪など感染症一般診療や花粉症、喘息などのアレルギー性疾患の治療を行っています。
高血圧、高脂血症、糖尿病など生活習慣病の治療には特に力をいれています。年齢、性別、生活環境、身体所見、血液検査所見をもとに患者さまにあった治療(薬物、食事、運動療法)を提案します。
小児の一般診療も行っています。

消化器内科

逆流性食道炎、慢性胃炎、ヘリコバクターピロリ感染症、胃十二指腸潰瘍、機能性胃障害、過敏性腸症候群、潰瘍性大腸炎、クローン病、胃癌 、大腸がん、大腸ポリープ、慢性肝炎、肝硬変、胆石症、膵炎などについてCTや内視鏡を用いて患者さまの症状に適した診断、治療を行います。

当院の内視鏡検査について

上部内視鏡(食道、胃、十二指腸)、下部内視鏡(大腸)に対応しております。
通常検査に加え、胃癌、大腸癌の2次検診を行っています。
上部内視鏡は経口と経鼻の両方の内視鏡を揃えており、患者さまの希望や状況に応じて使い分けています。どちらも苦痛をできるだけ軽減するために鼻や咽頭に十分な局所麻酔を行っています。検査時間は一人5分程度です。
下部内視鏡は通常検査及び大腸ポリープの日帰り手術を行っています。検査時に発見したポリープはその場で切除が可能です。検査時間は一人約15~20分程度です。局所麻酔のみで苦痛が少ない検査を行うことが可能です。ただし、大腸検査は人によって挿入困難や痛みがありますので、以前に苦痛が強かった場合やおなかの手術歴などがあり挿入困難が予想される場合には静脈麻酔による鎮静を行うこともあります。不安な点は是非ご相談ください。

在宅訪問診療

高齢で当クリニックへの通院が難しくなった患者さまや、「自宅で最期を迎えたい」「自宅で看取りたい」といった患者さま・ご家族のためです。
はじめたきっかけは、私の友人知人たちから、来院の難しくなった親や祖父母をみてほしいと頼まれたことでした。それから20年以上つづけています。
訪問診療の範囲は、当クリニックから車で15分程の距離とさせていただいています。